埼玉県ソフトボール協会

   平成29年度 第1回理事会議事録

 

                          平成29年6月17日(土)9時30分~

                          坂戸市文化会館第3会議室

1.会長あいさつ・・・高橋会長

2.協議・・・議長:磯谷理事長 

1) 第22回全日本レディース大会について(大会要項  
 ・大会要項説明・・・山野邉事務局長
  参加チーム数は47都道府県+開催地 計48チーム
  不参加の都道府県が出た場合、埼玉県代表枠2⇒最大4チームとなる
  さらに不足の場合は関東から補充となり48チームでのトーナメントとする
 ・抽選会開催日程 8月4日(土)、開会式は北本市体育センター(室内)にて開催
 ・土屋旗(女子A)予備日が本大会と重なるが、全国大会出場チームが残っている場合
  県大会の日程を変更することについて県西支部より提案があり・・・承認。

2)日本女子ソフトボールリーグ1部第5節川口大会報告
   ・開催支部である永沼県南会長より開催報告を行う
   ・開催直後のため会計報告未完了、次回理事会にて詳細報告・・山野邉事務局長
    県協会に迷惑をかけることにはならない。

3) 第72回国民体育大会関東ブロック組み合わせ報告・・磯谷理事長(組合せ
  成年女子の代表枠、今年度は1チームのため厳しい戦いが予想される。

4)ハイシニアの登録年齢引き上げについて・・磯谷理事長 (参照資料
   ・日ソ総務委員会で検討の結果、最終的には「68歳以上」とする考えは変更せず
    引き上げの改正を行う年度を以下の通りとなる。
    平成30年度:「66歳以上」今年度と同じ、改正せず据え置き
    平成31年度:「67歳以上」に改正
    平成32年度:「67歳以上」改正せず据え置き
    平成33年度:「68歳以上」に改正

5)全日本大会開催予定地「地区割当表」案について・・磯谷理事長(参照資料
   ・平成31年もしくは平成32年に1大会を埼玉県で受ける必要あり
   ・県協会として春季小学生男子(31年度)、高校選女(32年度)の2大会に立候補し
    関東協会で決めていただくことで承認。

6)各専門委員会から報告
 (1) 財務委員会・・磯谷理事長(代理報告)(参照資料
   ・今年度関東小学生選抜男女大会補助金の増額について提案があり
    事情を考慮し2万円の増額について承認される。
 
 (2) 審判委員会・・石井審判委員長(参照資料
   ・WBSC国際審判員認定会にて新たに伊藤昌史氏が合格、大田正夫氏が再認定となる
   ・平成29年度第1種認定会について
    平成29年12月16日(土)~17日(日)埼玉県で開催、受講者は30名程度を予定
   ・その他各種事業報告(詳細別紙)

 (3) 普及委員会・・大芦委員長(参照資料
   ・関東普及委員会議事報告、園児児童低学年の引き込みが重要
   ・関東親子ミニソフトボール親善教室及び埼玉県ミニソフトボール親善大会結果報告

 (4) 小学生委員会・・大芦普及委員長(代理報告)(参照資料
   ・平成29年度 関東及び全国大会出場チームについて報告

 (5) 女子委員会・・大芦普及委員長(代理報告)(参照資料
   ・全日本レディース県予選会の1位と2位に加え3位、4位が全国大会に出場
   ・関東大会及び関東社会人の選出についてはベスト8に残った他の4チーム
    から女子委員会で協議のうえ決定する


 (6) シニア委員会・・大芦普及委員長(代理報告)(参照資料
   ・関東シニア委員会議事報告

 (7) 強化委員会・・西田委員長
   ・国体関東ブロック成年男子及び成年女子埼玉県代表選考結果について報告
   ・全日本クラブ男女 関東予選会結果 及び全日総合男女 組み合わせ 報告
3 その他

  1)試合途中で雨天中止となった場合の謝金について
   ・審判部長から、支部の負担を考慮し県協会で検討しルール化してはとの提案あり

  2)平成29年度埼玉県協会納会について
   ・県東支部事務局長から以下の提案があり承認される
    期日:12月9日(土)~10日(日)
    会場:鬼怒川観光ホテル(予定)

  3)U14女子日本代表選抜について
   ・基本は中体連から推薦とし、クラブチーム優勝チームを含め理事長、強化委員長及び
    技術委員長と選考のうえ日ソに推薦する

  4)関東中学校大会男女(埼玉県開催)について
   ・県西支部にて開催するが、本大会は中体連がイニシアティブを取って運営する
 
  5)全日本レディース全国大会放送担当について
   ・報道委員長から、初日は試合開催面数も多いことから高校生にも担当いただきたい
    との依頼が黒田放送委員長から出ていることを報告
   ⇒本件については既に高体連の委員長に依頼済み
  6)全日本レディース大会プログラム協賛について
   ・事務局長より県協会として協賛広告掲載(5万円)についての提案があり承認される
   ・一般向けは1頁2万円、半ページを1万円とする
4 閉会のことば山崎副会長


<出席者 24名>
高橋(会長) 山崎・宮川・永沼・篠崎・白島(副会長)
磯谷(理事長)  平澤・関・鈴木豊・清水・河村(副理事長) 阿部(監事)
石井(審判) 舘岡(広報) 大芦(普及) 西田(強化)
山野邉・高橋・金子・田中・飯嶋・眞嶋(事務局) 上島(会計・書記)